赤い闇 スターリンの冷たい大地で

赤い闇 スターリンの冷たい大地で

ソビエト連邦がひた隠しにした歴史の闇を照らし出す、衝撃の実話!

上映:2020年08月14日/製作:イギリス,ウクライナ,ポーランド/時間:118分

4.0

MOVIER Staff

巨大国家の陰謀を暴くため立ち上がった一人の記者の実話を元にした物語。
ジャーナリストの勇気、戦慄と感動のドラマに胸が震えました…!

赤い闇 スターリンの冷たい大地での
見どころ

国民の知る権利、体制による情報操作・隠蔽、報道の使命といった今日的なテーマもはらむ本作には、不朽のディストピア文学「1984」で名高いジョージ・オーウェルが、1945年に発表した傑作寓話「動物農場」の誕生秘話も盛り込まれている。ジョーンズとオーウェルの意外な接点を描くドラマティックなストーリーのうねりが、知的好奇心を刺激すること間違いなし。

赤い闇 スターリンの冷たい大地での
あらすじ

1933年、ヒトラーに取材した経験を持つガレス・ジョーンズには、なぜスターリンが統治するソビエト連邦だけが繁栄しているのか大きな疑問だった。その謎を解くために単身モスクワを訪れたジョーンズは、すべての答えが隠されているウクライナ行きの汽車に乗り込む。やがて凍てつくウクライナの地を踏んだジョーンズが目の当たりにしたのは、想像を絶する悪夢のような光景だった……。

赤い闇 スターリンの冷たい大地での
登場人物紹介

ガレス・ジョーンズ
(ジェームズ・ノートン)
英国首相ロイド・ジョージの外交顧問を務める記者。ソビエト連邦の真実を知るため、単身モスクワに乗り込む。

エイダ・ブルックス
(ヴァネッサ・カービー)
ニューヨーク・タイムズのモスクワ支局に勤務する記者。ナチス政権のドイツから脱出し、ソ連に期待を寄せている。

ウォルター・デュランティ
(ピーター・サースガード)
モスクワに駐在しているピューリッツァー賞を受賞したニューヨーク・タイムズの大物記者。享楽的な人物。

赤い闇 スターリンの冷たい大地で
投稿されたレビュー

素敵なレビューには いいね を送ろう

MOVIER Staff

報道について考えさせられるという声が多かったです
様々な情報が飛び交う今の時代にこそ見るべき作品だと思います。
ジェームズ・ノートンの、静かに、それでいて燃えるような演技が素晴らしい!

赤い闇 スターリンの冷たい大地でのFilmarksのレビュー

に投稿されたレビュー

恥ずかしながら、歴史に無知でロシアの恐慌時代のことも、学生の時教科書で見かけたくらいの知識で観ました。

ウクライナの悲惨な歴史も、もちろん今回初めて知りましたが、この機会にこうした悲しい歴史について調べたり、作品を観てみたくなりました。

正義とは、国の繁栄とは、など色々考えさせられた作品です。暖かい部屋で食事ができる、コロナ禍もあってそれだけでもいかに自分が恵まれているかを実感します。

https://filmarks.com/movies/82967/reviews/103652227

国民の知る権利より、国家組織の力が
強力で、隠蔽・情報操作が横行した時代
…勇敢に国組織に立ち向かい… 事実を
伝えようとした、英国のある記者の実話。

色々考えさせられましたが、良い作品
でした…圧巻‼︎

https://filmarks.com/movies/82967/reviews/103640972

“郷に入っては郷に従え“ “長い物には巻かれろ“ ジャーナリストはこれらのしきたりに真っ向から立ち向かってこそ、真の正義だと感じた。

ただ、秘密警察の暗躍や、強大な権力の前では相当難しいことなのだと感じた。

https://filmarks.com/movies/82967/reviews/103587635

ジョーンズが自分の足で雪の中広大の土地を歩いているところ、飢饉に合っている人たちをモノクロで暗い描写にしててより一層な緊迫感があってとてもハラハラした。栄えてるのはモスクワだけで食べ物もなく極寒の南部では人肉を食べる子供たち。本当にこんなことが実際起きてたんだってことを思うと胸が痛くなる。
社会の波に揉まれようとも、どんな時でも最後まで真実を追い求めて世に伝えようとする屈しない姿が本当にかっこよかった。最後は残念だったけど、これを伝えて功績を残して今に語り継いでってという、素晴らしいと思う。

https://filmarks.com/movies/82967/reviews/103582387

おすすめVOD(動画配信サービス)で今すぐ見る

新作などに使える1,200Pが毎月貰えるので実質790円20万本以上圧倒的作品数で、家族・映画好きなら間違い無しのVOD

フジテレビ番組が多い。映像コンテンツは少ないが、電子書籍購入や新作映画に使える1,300Pが貰えるので圧倒的コスパ

2番目に多い12万本の作品数で、価格に対し非常にコスパ高い。人気のオリジナルコンテンツも多い。入門におすすめVOD

日テレ系番組と海外ドラマが多いアニメ・韓流系・ドラマは他社より少ないですが、趣味が合う人にはおすすめのVOD

docomo運営の安心VOD。同じ価格のprime videoよりはも像コンテンツ数は劣りますが、音楽コンテンツが豊富なVOD

毎月貰える1,100Pで新作や準新作も観れますが、作品数が少なく、半数がアダルト作品なので、おすすめ出来ないVOD

ほとんどのディズニー作品が見放題。ディズニーファンにとっては非常にコスパ高く、他VODと併用するのがおすすめ

クオリティの高い海外のオリジナルドラマが豊富。無料期間が無いので、初めてVODを試す人にはおすすめ出来ないVOD

赤い闇 スターリンの冷たい大地で

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてみんなで作ろう