花束みたいな恋をした

忘れられない恋の“最高の5年間”を描く、
不滅のラブストーリー誕生。

上映:2021年01月29日/製作:日本/時間:124分

4.0

MOVIER Staff

等身大の恋愛を描いた作品。飾らない内容だからこそ、誰でも共感できることや、心に刺さるセリフが多く、感情移入しやすい映画のようです

花束みたいな恋をしたの
見どころ

多くの連続ドラマを手掛けてきた脚本家・坂元裕二が、2020年の東京を舞台に、今を生きるすべての人へ贈るため書き下ろした最新作。主役を演じるのは、菅田将暉と有村架純。二人の実力派俳優による〈初のダブル主演〉が実現しました。監督を担うのは、『罪の声』の土井裕泰。『いま、会いにゆきます』、『ハナミズキ』、『映画 ビリギャル』など多くの大ヒット映画を送り出して来た土井は、ドラマ「カルテット」で坂元裕二と組んで以来、映画では初タッグとなり、期待が高まります!

花束みたいな恋をしたの
あらすじ

終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦(やまねむぎ:菅田将暉)と八谷絹(はちやきぬ:有村架純)。 好きな音楽や映画がほとんど同じで、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店しても、スマスマが最終回を迎えても、日々の“現状維持”を目標に二人は就職活動を行うが…。

花束みたいな恋をしたの
登場人物紹介

山音麦(菅田将暉)
夢はイラストレーターになること。大学卒業後はフリーターをしながら夢を叶えるため努力を続ける。

八谷絹(有村架純)
物事や世の中を静観して達観しているような性格。理想を抱いていたが、就職という壁にぶつかってしまう。

花束みたいな恋をしたの
オフィシャルフォトブック

花束みたいな恋をした
投稿されたレビュー

素敵なレビューに いいね を送ろう

MOVIER Staff

切なく、共感出来るという声が多かったです
リアルな内容だからこそ、カップルで観に行くのは控えたほうがいいかも…?

花束みたいな恋をしたの
インスパイアソング

映像に挿入された楽曲「勿忘」(読み:わすれな)は、バンド「Awesome City Club(オーサムシティクラブ)」によるインスパイアソング。本作を鑑賞し感銘を受けた時の気持ちをそのまま書き下ろしている。また、ボーカルのPORIN(ポリン)は、本人役としても初演技を披露。劇中のライブリハのシーンでは、メンバー全員が出演していることがわかった。
本ポスターは「何かがはじまる予感がして、心臓が鳴った――」というキャッチコピーに加えて、それぞれ相手を見つめる麦目線、絹目線の印象的な写真を使用。オーソドックスでありながら特別感のあるラブストーリーを予感させる仕上がりとなっています。

花束みたいな恋をしたのFilmarksのレビュー

に投稿されたレビュー

正直観た直後はパッとしないなって思ってたけど数日経ってじわじわ心に沁みてきている…

坂本裕二さん好きなので、観れて嬉しかった〜

学生の頃の恋愛ってなんであんなに無敵!!って思うんだろう。

少なくともわたしはそうだった。

公開したらまた観に行きたいな。

https://filmarks.com/movies/87476/reviews/104463370

少女マンガみたいな恋愛映画好きちゃうけど、これは本当に等身大の恋愛映画。本当に好きな人が出来て、別れてしまったことがある人なら誰でも共感出来ると思う!
枯れてしまうけど、でも花束を貰ったのは事実。どんな恋愛でも、どんな別れ方をしても、そうやって素敵なものを貰えたなって気持ちは忘れずに持ち続けたいな、、切ない映画。

https://filmarks.com/movies/87476/reviews/104444815

最後の結末が本当気持ちよかった。

ものすごくリアルで、物語の中で出てくるお店とか本とか音楽とか堪らないくらい良くて。

さりげない描写が散りばめられていて

2時間越えの内容でもあっという間に過ぎさりました。こんなに興奮することなんてラブストーリーでなかったなて振り返ってみると。

菅田将暉と有村架純の主演は見事にマッチしていた。二人とも良すぎた。 

https://filmarks.com/movies/87476/reviews/104323491

付き合いたての全能感に満ちている時期とか、喧嘩してもすぐに言い過ぎたって謝ってコーヒー飲んで落ち着くところとか、今まで冷め切ってたのに別れ際に急に離れがたくなる感じとか二人の間の空気感が、商業用に誇張されていないありふれた恋愛そのもので、胸に刺さった。

お互い思いあっていても、花束のように徐々に色褪せていくのは条理だし、結婚って結局運命の人とかではなくてタイミングが全てなんやろうなぁと考えさせられました。

「昨夜を上書きしたくない。まだ浸っていたい」っていう乙女心分かる分かる。

https://filmarks.com/movies/87476/reviews/104397191

時の流れと共にたくさん思い出があって色んな花や色がある花束のように
関係性の色や雰囲気は変わっていく。
よくもわるくも。
そう思った。

https://filmarks.com/movies/87476/reviews/104517273

花束みたいなというのは、幸せな事がたくさん詰まった時。最高の時間。でも、最後は花は、、、。花束をもらった事は変わらない。花束と言える時を過ごしてみたい。

https://filmarks.com/movies/87476/reviews/104338778

おすすめVOD(動画配信サービス)で今すぐ見る

新作などに使える1,200Pが毎月貰えるので実質790円20万本以上圧倒的作品数で、家族・映画好きなら間違い無しのVOD

フジテレビ番組が多い。映像コンテンツは少ないが、電子書籍購入や新作映画に使える1,300Pが貰えるので圧倒的コスパ

2番目に多い12万本の作品数で、価格に対し非常にコスパ高い。人気のオリジナルコンテンツも多い。入門におすすめVOD

日テレ系番組と海外ドラマが多いアニメ・韓流系・ドラマは他社より少ないですが、趣味が合う人にはおすすめのVOD

docomo運営の安心VOD。同じ価格のprime videoよりはも像コンテンツ数は劣りますが、音楽コンテンツが豊富なVOD

毎月貰える1,100Pで新作や準新作も観れますが、作品数が少なく、半数がアダルト作品なので、おすすめ出来ないVOD

ほとんどのディズニー作品が見放題。ディズニーファンにとっては非常にコスパ高く、他VODと併用するのがおすすめ

クオリティの高い海外のオリジナルドラマが豊富。無料期間が無いので、初めてVODを試す人にはおすすめ出来ないVOD

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてみんなで作ろう